top of page

節目年齢

「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢の時に節目を迎える。

東洋医学ではこの節目に対して身体に変化が訪れる。


《女性の節目は7年周期》


7歳 … 永久歯に生えかわる

14歳 … 初潮を迎え妊娠が可能

21歳 … 身体が整い妊娠適齢期となる

28歳 … 女性として身体が最も充実する

35歳 … 顔がやつれ始め、髪も抜けやすい

42歳 … 白髪や顔のシワが目立つ

49歳 … 閉経・不定愁訴が起こりやすい

56歳 … イライラ・眼精疲労・体力低下

63歳 … 動悸・息切れ・慢性疲労・不眠

70歳 … 脾気(消化器)が衰え始める


上記は2千年も前に中国の書物に書かれているもの。

でも、これは今の時代でもほとんど変わりはない。


女性の不調は

「ホルモンバランス」

「精神的なもの」

「社会的要因」

・・・などさまざま。


特に閉経前後の50歳は、ホルモンバランスだけでなく

親の介護など自分以外の環境が複雑に絡んで

不定愁訴を起こしやすくなる。

病院へ行っても検査に異常が現れず

精神的に不安定になってしまうことも。


東洋医学の“未病”という考え方は

この節目に起こることを受けとめて

しっかり養生することなのだ。





閲覧数:15回

Comments


bottom of page